ハンデ戦で好走する馬は?

 ハンデ戦とは、ハンデキャッパーが強いと判断した馬に斤量を重くして、弱いと思われる馬の斤量を軽くして、なるべくどの馬も勝機があるような調整を行うレースです。そのことから予想が非常に難しいです。ハンデ戦以外のレースでは1番人気の勝率は30%程度ですが、ハンデ戦の芝レースで言えば1番人気の馬の勝率は23%程度まで下降します。

 1番人気の馬というのは、そのレースで1番勝つと予想した人が多い馬です。1番人気の馬の勝率が大幅に下がると言うことは予想が難しくて、レースは基本的に高配当の馬券になります。このことからハンデ戦は荒れると認識している方も多いと思います。

 それでは何キロの斤量を背負った馬の勝率が高いのでしょうか?それでは過去3年のハンデ戦全データを用いて調べてみました。

 

表 芝レースでの斤量による勝率の違い

 

 ハンデキャッパーが強いと考えて斤量を重くしている馬と斤量の少ない馬に比べて圧倒的に勝率が高い事が分かります。要するにハンデキャッパーが強いと判断した馬は、例え斤量を重くしてハンデを与えたとしても、強い馬はこの程度のハンデでは勝敗にはあまり関与していない言う事がデータから導かれました。

 

 ただし、このデータはすべてのハンデ戦の集計した結果です。この中には芝、ダート、長距離戦、短距離戦やクラスの違いなどが一色単のデータです。

 例えば、あなたがぬかるんだ道とアスパルトの道を重い荷物をかついで移動した場合や長い道と短い距離を重い荷物を抱えて移動した時の事を考えてみてください。ほかにも小学校、中学校、高校生がごちゃ混ぜで走っていた場合と、高校生だけで走った場合など、すべて一色単のデータの集計だという事です。

 

Top